ZEHを取り入れた家を建てよう|節約にもなる

良きパートナーを選ぶ

新築住宅を建設する際には、費用や住宅構造など、考えなければならない問題がたくさん存在します。家づくりは専門家であれば、住宅完成までをサポートしてくれるでしょう。京都には家づくりを担う業者はたくさんありますが、建築家に設計を依頼したり、自社だけで全て行う会社もあり、それぞれ費用は異なります。

暮らしやすさがポイント

兵庫県川西市は豊かな自然環境に囲まれた地域です。市内では手の届く価格帯の新築一戸建て住宅を見つける事ができます。まずは不動産会社に相談してみる事が必要です。見学会などがあれば参加してみましょう。

エネルギーを自ら作る家

一軒家

公的助成制度もある

現在、わが国では官民を挙げて省エネルギーを推進していますが、そうした動きの中で注目を集めているのがZEHです。ZEHとはNet Zero Energy Houseの略で、消費エネルギーがゼロになるような環境を整えた住宅のことをいいます。といってもまったくエネルギーを使わずに暮らすのは不可能なので、自家発電等によってトータルのエネルギー収支をゼロにすることを目指します。つまり、「使う分のエネルギーを自分で創り出す家」ということになります。政府は2020年までにZEHを新築住宅の標準的なスタイルとし、2030年までには新築住宅の平均がゼロ・エネルギーを実現することを目標としています。それに伴い、助成制度も実施されています。ZEHに対する補助金の支給は、2012年度からスタートしています。内容は年度ごとに変更となる可能性がありますが、参考までに2016年度の数字を示すと、国の定めた交付要件を満たした住宅1戸につき定額125万円が支給されています。寒冷地の住宅の場合は、特別な要件を満たすことで支給額は150万円に増額されます。また、蓄電システムを備え付けた場合はさらに上乗せ支給があります。交付要件には細かな基準がありますが、一言で言えば省エネルギー性を高めていること、となります。具体的には、高性能な断熱材の使用、電力・ガス使用量の少ない空調機器や給湯機器の設置などによって、トータルのエネルギー消費量が基準値以下にすることが前提となります。なお、太陽光発電など、エネルギー生産設備の設置については別の助成制度があります。

希望を考慮した探し方

茅ヶ崎で土地探しをするときは、家族の希望を重視した土地探しをする必要があります。茅ヶ崎は駅から南部の地価が高く、海の近くが希望の場合は建売住宅かマンションを選ぶことが現実的です。庭付き一戸建てを希望の場合は、北部郊外が土地価格が安いのでお勧めになります。