ZEHを取り入れた家を建てよう|節約にもなる

良きパートナーを選ぶ

インテリア

先入観を捨てましょう

京都に理想の家を建てたいと思った時、初めに浮かぶのは、建物の外観や間取りなどでしょう。しかし、家を京都で新築するには、この他にもお金のことや隣地関係への配慮、建築構造など、解決や決断しなくてはならない沢山の課題があります。それらをトータルに判断できるのが家づくりの専門家です。京都で新築の依頼先選びは、専門家のノウハウで自分の暮らしをしっかりと形にしてくれる良きパートナーを選ぶことに他なりません。どのような依頼先にアプローチするにしても相性を見極めることが重要なポイントです。新築の依頼先は次の二つに分かれます。1つは設計を専門の建築事務所に頼む方法、もう1つはハウスメーカーなどに設計と施行を一括して頼む方法です。建築事務所は、設計料が別にかかるので高いというイメージがあります。確かに建築事務所は工事請負契約とは別に設計契約を交わし、設計料を支払います。この費用にはプランを固めて設計図を作る費用と工事管理の費用が含まれます。これに対してハウスメーカーの場合は、設計料や管理料は工事費の中に含まれます。但し、この場合も設計費用は発生しているという点に注意しましょう。どんなに規格化されている新築住宅商品でも施主の条件に応じた設計作業があり、設計部門のスタッフに給料を払っています。また大手ハウスメーカーでは設計から施工まで多くの場面で営業担当者が仲立ちを務めます。管理や検査のスタッフもいます。そういった人件費も発生しますから、内部的に処理されるプランニング費用の方が、外部の建築事務所に支払う費用より常に安くなるとは言い切れません。もしコスト面だけで建築事務所に相談するのをためらう京都の人がいたら、建築事務は高いという先入観をはずしてみることも大事です。